男性

連結納税制度が企業に見合った税額を制定❘代行業者が一任

円滑に情報共有

スーツの人達

企業内では、社員同士が常にさまざまな情報を共有しています。その際のやり取りをスムーズに行なう為には、社内SNSなど特殊なシステムが搭載されていると便利なものです。手軽にコミュニケーションを図れるというメリットもあります。

詳細へ

費用対効果を実現

2人の女の人

必要とする業務を、企業内ではなく代行業者に一任することがあります。時間の掛かる作業をそれらの業務を専門とする代行業者に託すことで本来の業務を進められるメリットが生まれる為です。困難な決算報告も税理士事務所に託すといいでしょう。

詳細へ

便利システムの導入

オフィス

企業内で情報共有を図る機会は多くあります。そうした際にメールを活用することも可能です。しかし、同じシステムを用いて迅速に中のメールを開けることができれば、業務時間を余分に割くことなく状況共有を実現できるでしょう。

詳細へ

企業の強力なサポーター

オフィス

日本には、数千を越える企業があります。大、中、小それぞれが企業として存続させていく為には決算申告や納税を怠ってはいけないとされています。納税は、日本国で生活するにおいて個人でも守るべき義務になっています。定められる税額は法人、個人共に収入額に見合った額となっているので、収入額に応じて高低が異なります。企業の場合、グループ会社がいくつもあるならそれぞれ個々で納税するのではなく、グループ全体で税額が定められます。企業元は同じであっても、グループ会社によって売上が黒字か赤字かということは異なります。全体的な財務状況から税額が決まると、実際の財務状況に見合った課税がされることになります。連結納税を申請する際には、次年度の事業開始となる月の3ヶ月前までに親会社と共にグループ会社の連盟による申請書を出しましょう。

連結納税において細かな損金算入限度額などの計算も行なわれるので、申請書の提出期限はしっかり守りましょう。場合によっては申請書提出の期限が変動することもあるので、事前の確認が必要になります。こうした連結納税は、特殊なパッケージソフトを道入することによって正確に、かつ円滑に作業を進行させられるでしょう。顧問税理士を雇い入れる企業ももちろんありますが、税理士のもとでもこうしたパッケージソフトが活用されているのです。メリットある導入を検討せずに作業効率化を図ることは今や難しいことだと言われています。